フィリピンの語学留学の授業について

フィリピンに語学留学する場合、現地の英語学校に入学して授業を受けることになります。
この授業ですが、カリキュラムの内容から正規授業とオプション授業の二つに大きく分けられます。

Girls Channelの口コミ情報を参考にしよう。

正規授業ではコースに申し込んだ生徒の英語のレベルに合わせた科目が割り当てられます。

フィリピンの語学留学の最大の長所である「生徒個人のレベルに合わせたマンツーマンの授業」が行われます。
対してオプション授業とは正規授業に追加して受ける授業であり、入学時に生徒が申し込んだESL・TOEIC・IELTSのようなコースとは関係のない授業を好みで選ぶこともできます。

呼び方はそれぞれの学校によって様々ですが、特別授業またはオプション授業という言われることが多いです。
カリキュラム内容はTOEIC Listening・Business Basic・IETLS Vocabuarly・初級文法・Survival Englishなどの授業が多く見られます。

基本である正規授業に加えてオプション授業を受けることによって、より幅広く深い英語に関する知識を身に付けることができます。ただし注意が必要であり、正規授業では生徒の英語レベルに合わせた科目を受けることができますがオプション授業は生徒を英語レベルで分けない場合が多いのです。

レベルの異なる生徒が一緒に同じ授業を受けることは、必ずしも最適な学習環境とは言えない場合もあります。



フィリピンの語学留学の一番のメリットは自身の英語レベルに合わせた授業を受けられることです。

フィリピン留学情報サイトを活用しましょう。

留学先を選ぶ時には正規授業とオプション授業の内容や充実具合などを合わせてご検討下さい。